えひめの企業紹介詳細

持続可能な循環型社会を目指す

持続可能な循環型社会を目指す
松山市
廃棄物処理
リサイクル
分析業務
建物解体事業
オオノ開發株式会社

社会のニーズに応える一歩先を見据えた事業

 1966年創業以来、「皆さまによろこんでいただく=社会のニーズに応える」という理念のもと、全国にて解体工事・土木工事・廃棄物処理・リサイクルを行っているオオノ開發。高度成長期の建築構造物の老朽化により需要が高まっている解体事業をはじめ、環境問題をクリアしながらさまざまな事業に取り組んできた。
 廃棄物処理などの環境ビジネスに関しては、パイオニア的存在。廃棄物、汚染土を無害化できる最新技術が集結した処理プラントの増設、解体現場の安全や健康、環境保全にかかる分析調査を行う環境科学研究センターの開設など設備投資を早い段階から行い、業界を牽引。実績ある廃棄物処理事業の知見を生かし、リチウムイオンバッテリーから資源を取り出し循環させるレアメタル事業など、「クローズドループ」を実践する次世代事業にも注力している。
 また、さらなる飛躍の場として静脈物流の拠点とすべく、愛知県知多市に約39万m²の広大な事業用地を取得し、今年から積替保管事業を開始。愛媛を超え全国、世界へと展開を広げている真っ最中だ。
 業界自体は需要と安定が保たれている一方で、高い目標に挑戦し続けられることも魅力のひとつ。オオノ開發は専門性を有した各エキスパートたちが集結していることで、高度な事業に多角的に取り組める会社。事業所拡大とともに実現スピードも加速していく。
 未来環境の事業は、変化するからこそおもしろい。現在だけでなく、この先も社会から求められる資源に目を向け、見極める必要がある。社会の安全な暮らしを支える会社として、時代の流れを汲みながら、豊かなアイデアで活躍できる人を求めている。

  • 豊かな自然に囲まれた東温市の「オオノ・ラボ」。PCBをはじめ、さまざまな環境分析に取り組んでいる。研究員は若い世代が多く活躍。

    豊かな自然に囲まれた東温市の「オオノ・ラボ」。PCBをはじめ、さまざまな環境分析に取り組んでいる。研究員は若い世代が多く活躍。

  • 愛知県知多市の新事業所「フレップ知多(ちた)」。ドックを有し、海上輸送の拠点として国内、世界とつながる。

    愛知県知多市の新事業所「フレップ知多(ちた)」。ドックを有し、海上輸送の拠点として国内、世界とつながる。

代表INTERVIEW

取締役副社長 上田 徹さん

取締役副社長上田 徹さん

複合型処理施設「フレップとうおん」の立ち上げから携わった、産業廃棄物処理のエキスパート。現在は愛知県知多市にある新事業所「フレップ知多」と愛媛を行き来しながら、廃棄物を通じ、環境についてオオノ開發としてできることを日々模索している。

新たな事業所とともに、より資源と向き合える企業へ

 オオノ開發ではこれまで廃棄物の適正処理、リサイクルといった多くの環境課題に向き合ってきました。これからの社会では、脱炭素化を図る上で廃棄物を資源へ変えていく考え方が主流となっていきます。それに伴い、「オオノ・ラボ」の業務も廃棄物分析にとどまらない、資源循環のための開発研究にシフトしてまいります。2023年夏には新事業所「フレップ知多」に新たなラボが完成予定です。最新機器の導入、広々とした動線、外部に対しても広く分析研究活動を知ってもらえるような建築デザインで、働く人にとっても明るく開放的な空間を準備しています。
 資源の少ない日本で、今本当に挑むべきリサイクルの流れを汲み、一歩先の未来を見据えていく。ゆくゆくは海外にも打ち勝てる資源循環を行う企業を目指しています。

事業内容

  • 安全・環境を追求した
解体・土木工事業
    01
    安全・環境を追求した
    解体・土木工事業

     老朽化したビルやマンション、ショッピングモールなど、周辺環境や地域住民に配慮しながら自社所有の超大型重機を使って、安全かつスピーディーに解体を行う。超大型重機は解体だけでなく、地盤工事や風力発電の羽根のメンテナンスでも活躍。

  • 自社一貫工程で行う
産業廃棄物処理業
    02
    自社一貫工程で行う
    産業廃棄物処理業

     全国でも最大規模を誇る複合型処理施設「フレップとうおん」を所有し、中間処理・リサイクル・最終処分までワンストップで行う。今後は廃棄物から希少な資源を取り出し、国内循環させる「クロープドループ」にも取り組んでいく。

  • 未来の環境を考える
分析調査・研究
    03
    未来の環境を考える
    分析調査・研究

     最新鋭の分析機器を備えた環境科学研究センター「オオノ・ラボ」にて、水・土壌・大気・廃棄物の分析や解体現場におけるアスベストなどの測定を行うことで、地域環境や人の安全を守る。2023年夏には愛知県知多市に新設のラボが完成予定。

成長支援

  • 各種研修、メンターメンティ制度

    各種研修、メンターメンティ制度

    入社前は内定者のフォロー研修、入社後は新人研修を実施。社会人1年目は先輩社員とタッグを組み、サポートを受けながら取り組める。

  • 自動車運転免許取得支援制度

    自動車運転免許取得支援制度

    車の運転免許の取得にかかる基本教習料を会社が全額負担。入社前でも、内定後の取得なら入社後に全額補填(社内規定あり)。

  • 奨学金返還支援制度

    奨学金返還支援制度

    新卒者や既卒後3年未満の者が奨学金を返済する際、年間返済額の3分の2または24万円のどちらか低い金額を会社が負担。

オオノ開發株式会社の先輩インタビュー

オオノ開發株式会社

https://www.oono-as.jp/

住所
松山市北梅本町甲184
TEL
089-976-1234
営業時間
8時〜17時
拠点
愛媛(東温市・新居浜市・ 今治市・西条市)/東京/大阪/愛知(名古屋市・知多市)/福岡
採用データ
募集要項
●職種:分析研究職●募集形態:正社員●仕事内容:各地での試料採取、分析調査、結果報告書等の作成、顧客への報告や提案、新規事業の企画●勤務地:東温市、愛知県知多市(2023年夏〜)●勤務時間:8時〜17時●必要資格:普通自動車第一種運転免許
給与
福利厚生
●月給:246,300円(業務手当・通勤手当・物価上昇手当込み)●諸手当:資格手当、役職手当、(扶養児いれば)子ども手当●昇給:年1回(4月)●賞与:年2回(6月・12月)、業績により別途特別賞与あり●休日休暇:完全週休二日制、年末年始、GW、お盆 ※年間休日125日●保険:各種社会保険完備●その他:奨学金返還支援、自動車運転免許取得支援、資格取得支援、寮完備、メンターメンティー制度、二重の積立による退職金制度、キャンピングカー等の無料貸与、グループ関連施設の社員優待、定期検診、予防接種、育児休暇、昼食補助